* 2019/04/16 「a one mic stand vol.2」松浦正樹、早瀬直久、北條真規 @京都ミューズ を観に行ってきた

行ってきましたワクワク京都〜!

ブラウニー(早瀬)
ネンザ(北條)
リリー(松浦)
ただそれだけ(早瀬)
日々の暮らし(北條)
ステージで刻んでいく(曲名不明)(松浦)

アイボリー(早瀬)
西日(北條)
モネラ氏の庭園(松浦、みなぢ参加でギターでベース)

恋の中(早瀬)
カリントボンボン(北條)
音楽(松浦)

mori(早瀬)
府道2号線(曲名不明、聞き取れなかった)(北條)
トミカとまさきのテーマ(松浦)

アーチ、越えて(松浦)

en
五つの夜まで

さて、ほくちゃまを愛するものとしては行かなければならない、アナタ松浦さん、ベベチオ早瀬さん、とのスリーマン。
スリーマンと言っても、最初から御三方が出ずっぱりで、向かい合って円に座って、それぞれ順番に歌っていくスタイルでした。
なんと、その円の周りに観客もいすがあり、大変助かりました。
私は、これは曲名をメモらなければならない…みたいな衝動に駆られ、メモしてみました。間違っていたらごめんなさい。
関係者っぽい方は動画をとっていらしたけれど、ぐっと我慢。

で、どうですか、このセットリスト。
すごいでしょ。これは行ってよかったですよ。
三人ともお酒を飲みながら進めてました。2年振りに歌うほくちゃまがずるすぎました。そんな声埋もれたままでいいの…?ねえ?
はやんとほくちゃまは仲が良くて、アナタを辞めるときに、寿司を一緒に食べてはやんが奢ったって言ってたかな。
その店はもうないそうです。

ベベチオ平良さんも観にきてて、お酒運んだり、最後は浜省だか、長渕だかワンコーラス歌い上げていました。

バンドから順に人が辞めていくのを見守っていただろう松浦さん、ほくちゃまとアーチを歌っていたら、途中から涙で声が出なくなってしまいました。私は貰い泣きしなかったけど、やっぱり胸にこみ上げるものがあって、京都までやってきて、素晴らしい音楽が聴けてすごく幸せでした。
無職だったから行けたようなもので。彼らが拠点が関西だから、ここぞ!という時にはちゃんと行かなくてはね。

ANATAKIKOU のブレーンだった KYOTO MUSE の行貞さん、ありがとうございました!

*[堀込泰行] 2019/03/30 堀込泰行 LIVE TOUR 2019 ”What A Wonderful World” @ヒューリックホール東京 を観に行ってきた

f:id:Soran:20190330164007j:plain
たいしたことは書けなくなりました。以上。(元から書いてないけど)

この日、有楽町へは日比谷駅までで自宅から一本で行けることがわかり、フルートのレッスンを終え一旦帰宅してのんびりしてから向かったのです。同行者とは入り口で合流。同行者はメンズ館を見に行ったので、私はフォロワーさんひとりにご挨拶しました。

スクランブルのふたり
NEW DAY
砂漠に咲く花
Cheers!
鼻紙
home sweet home
さよならテディベア
Chewing Gum On The Street
クモと蝶
Red light,Blue light,Yellow light
SHOOTIN’ STAR
EYE
エイリアンズ
泥棒役者
Destiny
HIGH&LOW
最低速度を守れ!
枯れない泉
太陽とヴィーナス
WHAT A BEAUTIFUL NIGHT
EN1. 燃え殻
EN2. 足跡

G列真ん中。私、堀込兄弟合わせての彼らのライブで、初めて、前半で一瞬寝てしまいました…
しかも握っていたメガネまで床に落として…
ど真ん中で、寝てるってヤスにわかったかな。そんなのジャガイモの中の一人だけど、心から悪い事をしました…。
復活してからはずっと演者を見つめて、客席にも容赦ない照明を浴びましたね。
MCはなんだっけ、MCがひどいから歯列矯正しようか、滑舌教室に行こうかな、と言い、その滑舌もカミカミだったんですよね。
ヤスは最初から声が出ていたし、だんだんボーカルがテクニカルな曲とそうでない曲に分かれてきたので安心して聴けます。
でも、そう簡単なメロディーラインではないのがヤスの作り込みかも。(どっちなのお前)
まあご自分で歌ってみてください。それでわかるはず。

最後まで着席で拝見しました。途中から皆さん立って踊ってらしたけれど、もう無理ですね。
PA のDUB加減がすごかったです。気持ちよかった!リトテンのかたなのですね…
サポートメンバーも素晴らしかったです。コマツさんのしなやかな腕が見えたので、渋谷の雪辱は晴らしました。
キャリアがあるのにどこか危なげなライブが定評でしたが、そんなのはもう、払拭されましたよ!ギターソロもすごいですよ!
どんどんライブして欲しいですね。飯山は無理ですけど。行けません。

演者いなくても、ステージを撮影していいんですかね?それがモヤモヤしましたね。
ニコ生はどうだったんでしょう。もう一度、見てみましょうかね。同行者は見ないそうです。

2019/03/14 『アナタとまさきのいけない関係 vol.8』~君が狂い咲く前に 東京編~ @明大前 LIVRE を観に行ってきた

この日は横浜の実家におり、横浜から明大前に行かなくてはいけなかったので色々調べたのですが、1時間前に明大前に着いてしまい、並んで1番で入ったので、松浦さんのど真ん前ソファで拝見させていただきました。
入場の会計が松浦さん本人だったのでびっくりしてしまい、物販があることも忘れ、ご本人からいかがですか、と言われて慌てて買いました。
C面集です。後日ゆっくり聴きます。
セットリストをメモすることにはこだわらなくなったのですが、最初は「寒がりのセーターシック」から始まりました。最初、すぐにマスターを呼んでリバーブをかけてました。

やっぱり、松浦さんの声と歌詞の叙情性、メロディーの良さはどうしても私からは切り離せないですね。
切ない曲も、楽しい曲も、ずっとそばにあります。
MCは面白いし。「もっとみなさんお酒飲んでください!」と言い放っていました。皆さん、じっと真剣に松浦さんの音楽を聴いているんですよね。後ろ振り返ってないけど、きっとそうだと思います。
スカートの澤部さんが、何かで「リリー」を選んでくださったということで、「スカートの澤部さんを知っている人は?」と挙手をさせてたりね。澤部さん、みんな知っているよね。

アンコールで小田和正の「Oh! Yeah!」をカバーされて、小田ファンの私は歓喜。これも知っている人を挙手させて、私は元気よく手を挙げました。
最後はリクエスト、観客から「今日も明日も」が出て、歌ってくれました。
「MY GIRL」とか聴きたかったんですけど、きっと、もうその頃の松浦さんじゃなくて。「今日も明日も」も数年前だなんて、時の流れは早いですね。

帰り際に松浦さんに話しかけて、嬉しかったです。想い、伝わったかなぁ。バンドで東京きてください、とお願いしました。
待ってます!
でも京都、行きます!

忙しい、遠征決定

こんばんは。忙しいです。今月は松浦正樹さんのソロと、WHY@DOLL のライブを観にいけました。
日曜日にヤスの最終日を観に行きます。
とてつもなく簡単でもレポは書きたいんですけど、また初夏にダンボールの宮殿になって引っ越すんで...
主に、通院と家事でバタバタしています。
それと、4月に遠征してきます。ANATAKIKOU 松浦さん、ベベチオ早瀬さん、そして北條さんですよ!
行かなくては...!これは行かなくては...!宿アンド新幹線、予約済みです。

2019/02/14 ONIGAWARA ワンマンGIGツアー2019 〜チョコレイトをちょうだい〜 @新代田FEVER を観に行ってきた

*

ONIGAWARA のライブはセットリストとかは別に良くて、ライブハウスに考慮いただいてイスで楽しませていただきました。ありがとうございます。

学ランに短パン、最高じゃないですか。遠すぎて見えなかったけど。伸也がお立ち台に乗って投げキッスしたところで召されました。

物販ではペンラを久々に買って、新譜もグッズも買ってTシャツのチェック欄にチェックしてもらいました。メンバーカラーのチョコと石鹸をあげました。握手してくれました。

 

ペンラも全力で振るんですけど、クルクルケチャ?おばさんちょっとその界隈わからないんですが、あれやられると前が見えないので、ジャニーズ並みに、ペンラも目線くらいで止めておいていただけるとありがたいです。

バレンタインライブ、初めてきましたけど、いいですね。

伸也が格好良すぎるし、二人とも歌美味いし、サティのギターも炸裂してたし。

ONIGAWARA の元気が出るEP」いいです。最高です。

私はサティのあざとさより伸也の愛くるしさを取る、完全なる伸也推しです。

バンドワンマンが決まったそうなんで、それもがんばって行きたいですね。

ネタバレあり [堀込泰行] 2019/03/05   堀込泰行 LIVE TOUR 2019  ”What A Wonderful World” @渋谷 クラブクアトロ を観に行ってきた

ネタバレがあります。セットリストの改行に意味はないです。

チケットが前日でもプレイガイドで買えるので、まずイベンターさんにお願いをして、チケットを買って、急遽ライブを観に行ってきました。ご配慮くださったホットスタッフに感謝いたします。

 

画像の上げ方がわからないはてなブログよーーーーー。

セットリストは拾ってきました。ありがとうございます。 

――――――――――――――

スクランブルのふたり/New Day

砂漠に咲く花/Cheers!

鼻紙/home sweet home

さよならテディベア

Chewing Gum On The Street/クモと蝶

Red light, Blue light, Yellow light

SHOOTIN' STAR/EYE

エイリアンズ(Lover's version)

泥棒役者/Destiny

HIGH & LOW

最低速度を守れ!/枯れない泉

太陽とヴィーナス WHAT A BEAUTIFUL NIGHT

  en.) 燃え殻/足跡

――――――――――――――――――

実は、ニューアルバムはまだ10回も聴いていなかった。リビングでレコードを聴いて、いいね、って言い合って。

その後多忙な仕事を始めたので、ほとんど聴く時間はなかった。割とすぐその仕事を辞めてから、数回聴いた。

ヤスはとにかく初日はハプニングがつきもので、正直大きな期待はしていなかったのだが、そんな過去のことはすっかり払拭し、スタートから素晴らしい美声を聴かせてくれた。アルバムを聴きこめていない分、どれも新鮮に感じ、前向きになれた。

「Cheers!」がいい。音源より長い最後の繰り返しも彼らしいアレンジといえばそうだろう。よくループしても、どこだかわからなくならないのか。すごい。

個人的には私のアダ名が「ちあー」なので、スペルは違っても呼ばれた感がして嬉しい(はいキモオタ)。

 

過去の曲は「SHOOTIN’ STAR」でかなり興奮した。好きなんで。じゃがいもの一部としてしっかり聴いたぜ。

太陽とヴィーナスも盛り上がり、そして本編最後は美しいリードナンバー。最高のセットリストだった。

(まだMV観ていないの。のんちゃん来てたのにね。)

 

MCはインフルエンザにかかった小芝居。インフルが治ったばかりの人と飲食し、おじさん二人で麻婆ラーメンを同じ器からすすって、そこにウイルスがあったのかも、と。その友達にはインフルエンザにかかったのを伏せていたが、今日ライブに来るのでここで暴露しようとしたら、体調不良で来られなくて、またインフルエンザじゃないのか?というオチだった。

ギターの八橋さんのことを佐橋佳幸とメンバー紹介して、真城さんに「今なんて言った?」って突っ込まれていた。

物販のセールストークもない… 音楽で満たされたのかも(はいキモオタ)。

 

ヤス真っ正面だったので、小松さんがほとんど見えなかったが、その確かなドラムは素晴らしかったし、八橋さんのギターはすごくロックだった。ロックな一夜だったよ…!

どなたかが指摘していたが、音量が大きかった。あとで言われてみたら、そうだと思ったから、私は苦にはならなかった。

 

ヒューリックホールまで、全国無事に駆け抜けてきていただきたい!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観に行ってきた(ネタバレなし)

*

家族に断られ、人生の先輩とミッドタウン日比谷のTOHOシネマズにて、QUEEN の映画、『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。

クイーンはほぼ知りません。キリンジ時代のヤス歌唱のカヴァーしか知りません。他はCMくらいかなぁ。でもどうしてもこの映画は観ておきたくて。

東京に観てくれそうな友達はいないので、60代の男性と観ました。

月曜日なのですが、結構な客入りでした。IMAX は9:30スタートと、通勤時に重なるので普通の劇場となりました。

ネタバレはしないんですけど、もう途中からボロ泣きしました。

マイノリティという言葉はあまり好きではないのですが、フレディがマイノリティである事実はあり、愛について、自分のだけの意志について、生きていく上で何を最重視するかを考えさせられる内容でした。

私もいわばマイノリティなのですが、しっかり生きて行きたいと強く思いましたね。

 

鑑賞チケットを持ってシャンテへ行き、サービスでグラスビールをいただきました。リーズナブルなそばと寿司を食べ、解散。自宅でじっくりと映画のパンフレットを見ました。

アカデミー賞4冠、おめでとうございます。